有象無象の富豪ブログ

ジャンルに縛られず、好奇心旺盛に、知識を吸収する。気持ちは富豪のブログ

過去からの呪縛?人生が確実に変わる時間の認識

時間とは?

一般的な時間の解釈

一般的に、時間は過去から未来に進んでいるものだという認識の人が多いと思います。

 

また、時間は私たちが幼いときから当たり前のようにつかっている概念なので、時間について疑問を懐かない人がほとんどだと思います。

 

私も3年前まで、そうでした。

 

しかし、量子力学の学びの中で、時間という概念を再度見直すきっかけができ、今までとは違う形で時間というものを捉えることができました。

 

私は、この経験のおかげでなりたい自分になる・目標を達成するスピードが格段に早くなったのです。

 

また、私のコーチングや個人レッスンを受けていただいた方にも好評で、今では絶対にお話しする内容となっています。

 

是非、この時間の捉え方を読者の皆さんにも試して欲しいと思い、今回はできるわかりやすく説明させてもらいます。

 

時間の定義

 まずは一般的な時間の定義についてGoogle検索してみてみましょう。

出来事や変化を認識するための基礎的な概念 

現象の経過と順序を記述するために用いる一次元の連続変数。

辞書の言葉からも経過や順序など時間は進んでいるものと一般的にも考えられているようです。

 

 

 

時間の歴史

起源

果たして時間という概念はいつから使われはじめたのでしょうか?

 

時間がなければ、私たちは自分の年齢さえもわからないですし、一年という月日もわかりません。

 

起源を調べてみると、古代エジプト人が太陽によってできる影を時計として使ったのが初めてだといわれています。

 

おそらくそれより前は、太陽が出ている時間と出ていない時間を感覚的に捉えていたのだと思われます。

 

実際にどのように古代エジプト人が影を使っていたかというと、下の画像のようなオベリスクという方位碑を使っていたそうです。

f:id:totallifesupport:20190822094903p:plain

古代エジプト オベリスク

太陽に照らされたオベリスクがつくる影の位置を基に、午前と午後を分割していたそうです。

 

ここから天文学が発達し、季節という概念が生まれ、農業が盛んだった昔は種まきや収穫のタイミングをコントロールしていました。

 

時代が進むにつれて人々はより正確な時間が必要となり現代の時計へと進化していくわけです。

 

では現代の正確な時間はどのようにして決められているのでしょうか?

 

現代の時間の決め方

私たちが日常でつかっている時計は、数十万~数千万年に1秒程度しか誤差が生まれない高性能な機能を持っています。

 

どのように測定しているのでしょうか?

測定方法

測定にはセシウム133原子という原子を使います。原子とは、私たちの世界を構成しているものですね。

 

原子には、特定の周波数のマイクロ波を当てると反応してしまう性質があります。

 

その周波数を共鳴周波数と呼び、セシウム133原子の共鳴周波数は91億9263万1770Hzです。

 

また、原子には2つの状態があり、エネルギーが低い基底状態と、エネルギーが高い励起状態があります。

 

原子が基底状態の時に、共鳴周波数のマイクロ波を当てると、励起状態に変化します。

 

要するに、マイクロ波を当てて、基底状態セシウム133原子が励起状態に変化したら、その周波数は91億9263万1770hzとわかります。


このマイクロ波が91億9263万1770回振動するまでの時間を計測して、それを現代の1秒としているわけです。

 

時間の正体

この記事をみているほとんどの人が、「時間は存在する」「1日は24時間で1年は365日はこの世の絶対的な法則だ」と思ってはいませんか?

 

信じられないかもしれませんが、実際にはこの世に不変的で絶対的な時間というのは存在しないのです!!

 

結論から言うと、時間とは人間の意識が作り上げた幻想なのです!!!

 

科学の世界では時間について、プランク時間というものだけが定義されています。

 

プランク時間とは

物理世界の最小単位。量子力学の基本量であるプランク定数hと、真空中の光速c、重力定数Gの3つの定数で決まる。プランク時間は5.391×10の-44乗秒。プランク長さは、その時間に光が進む距離1.616×10の-35乗m。この尺度では、重力も量子力学の影響を強く受ける。たとえば、時間の精度が高いため、不確定性原理でエネルギーが大きくゆらぎ、時空を曲げて強い重力場を生む。

              出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

 

 私たちが日常で使う「時間」というものは文字通り「時」の「間」とい意味です。

 

要するに、2つのプランク時間の間が私たちの考える「時間」であり、プランク時間の出現と消滅の繰り返しを「時間の経過」と呼んでいます。

 

最小の時間は隣同士のプランク時間の間ということになりますが、それは理論上の話です。

 

実際には、プランク時間が消滅したら次の瞬間には新しいプランク時間というものが出現するので、正確にここが時間(時の間)と言えるような「間」を見つけることは不可能なのです。

 

さっき現代の時間の測定方法を説明しましたが、あの1秒も私たち人間が決めただけなので、本当に存在するわけではありません。

 

つまり、時間の正体とは、理論上想定させる「時」の「間」に私たち人間が便宜上名前をつけただけの幻覚だったのです。

 

時間は宇宙に元からあるものではく、人間が作り上げた幻想ということは、時間というものは使い方によって良くも悪くも使えるということです。

 

時間が絶対的に存在すると思い込んでる人は、常に時間に縛られて、時間よって支配されてしまいます。

 

時間は存在しなく、人間が作った幻想だと理解すると、時間を支配することができるようになるのです。

 

時間の流れ

ここからが今回の本題となります。時間に縛られるのではなく、どうやって時間を支配すればいいのでしょうか?

 

時間の概念について、多くの方が誤解していることがあります。それは「時間は、過去から未来に流れている」と考えていることです。

 

この考えは、時間は本来存在しないということをわかってない人に多いです。

 

この時間観に洗脳されているために、多くの人は何の疑間もなく「現在の自分の状況は、過去の行動の結果だ」と思ってしまいます。

 

過去から未来へと時間は流れていない

時間の流れをイメージするとき皆さんは、過去→現在→未来と時間が進んでいく姿を考える人は多いと思います。

 

しかし、実際時間の流れについて考えてみると違うのです。

 

過去の因果によって未来が決まると考えると全ての事柄は予め決められていることになります。

 

例えば、

「今まで勉強を頑張ったから、有名な会社に就職できた」

「留学したおかげで、海外との仕事ができるようになった」

「彼と結婚したおかげで、理想の結婚生活をおくれた」

 

また、逆に今の生活が幸せではなかったり、自分の仕事や勉強がうまくいかなかった時は、原因を過去の自分に求めて、

「あの時、勉強しなかったからだ」

「あの時BITCOINを買っていれば、今億万長者になっていたはずだ」

と悩んだり自分を責めたりする人がいます。

 

しかし、本当のところ全く違います。

 

時間は未来から過去に向かって流れているのです。

 

時間は未来から過去に向かって流れている

過去は自分の今の解釈によっていくらでも変わってしまうのです。

 

「もし有名大学に合格していたら、今頃たくさんの給料を貰えていた」

「もし彼とあの時結婚していれば、今頃幸せな生活をしていた」

「もしあの時、こうしていれば...」

 

現代社会で自分の過去を振り返って、上記のように後悔していることがある人はたくさんいるとおもます。

 

気持ちは凄くわかります。

 

確かに、「あの時ああしていれば・・・」現在の自分が幸せな人生を手に入れていた可能性はゼロではありません。

 

しかし、逆も然りなのです。

 

「もしあの時有名大学に合格していたら、周りが全員できるやつで劣等感で大学を辞めてしまった」かもしれません。

 

「もし彼と結婚していたら、結婚後に彼の性格が豹変してしまい離婚してしまった」可能性だってあります。

 

後悔と一緒に過去を振り返る人は、妄想の自分が大体今の自分より幸せに生活して、成功していると思って過去を振り返っています。

 

でも考えてみてください。

 

妄想の中で「幸せになれてた自分」と同じ数だけ、「不幸になっていた自分」もあり得ているのです。

 

どちらが正解かの答えはないのです。

 

要するに、過去の事柄を考えて「あの時こうしていれば...」と考えること自体が無意味なのです。

 

結局過去というのは、現在の自分が判断するものなので、現在の自分の解釈しだいでどうにでも変わるのです!

 

過去は解釈しだいで変わるのと同様に、未来も自分の解釈しだいで変わります。

 

例えば、「5分後にお風呂に入る」と現在の自分が未来を解釈したのなら、現在の自分は自分が解釈した未来に向かって行動します。

 

自分の解釈した未来が、自分に向かってやってくるとイメージするとわかりやすいかもしれません。

 

要するに、現在の自分が未来の自分に対してどれだけ具体的に達成するべきゴールを考えられるかが、キーポイントとなるのです。

 

 過去を後悔しても現在と未来の自分には何のメリットもないです。

 

それだけではなく、過去に縛られて寧ろマイナスな影響を及ぼします。

 

 

人生が変わる時間の認識

誤解の原因

なぜ我々は過去から未来に時間が進むと勘違いしてしまうのでしょうか?

 

親の教育や学校教育に原因があるかもしれません。

 

親や学校は過去の事柄から判断してしまうことが多いと思います。

 

例えば、目標の高い夢を持つ人に対して、

「お前は今まで◯◯だったから、そんなの無理だ」

「現実はそう甘くない」

などいってきてあなたの過去から未来を判断する人たちが多いです。

 

しかし、彼らには悪気はないのです。知らないだけなのです。

 

彼らも親の世代からそういう教育を受けているので、それが当たり前となっているだけなのです。

 

なぜこのような流れができてしまったからというと、過去から未来に時間は流れていると思い込ませると支配者にとっては都合がいいからです。

 

この時間の呪縛に気が付いた人は、呪縛される気持ちもわかると思うので、優しく説明して皆んなの認識を変えることにチャレンジしてみて下さい!

 

臨死体験

Naokiman ShowというYoutubeチャンネルを観て知ったのですが、彗星捜索家の木内鶴彦さんというかたを皆さんは知っているでしょうか?

 

彼は人生の中で3度も臨死体験をした人なのですが、臨死体験している間に経験したことがかなり興味深く、今回紹介した時間の捉え方と似ているのです。

 

木内さんは、22歳の時に航空自衛隊の運航管理者(ディスパッチャー)として勤務していました。

 

当時、上腸間膜動脈性十二指腸閉塞で医者に死んでいることを確認されましたが、30分後に蘇生したという経験をもっています。

 

国内で唯一、彼が死後蘇生したことが医師のカルテに記録されていて、その出来事は医師学会でもレポートされ、本人の記録も彼の著書として刊行されています。

 

彼は、臨死体験中に時間と空間に束縛されることなく、自由にどこにでも行けることができたので、木内さんが気になっている時代、場所に行ったそうです。

 

その内の1つに、彼が少年時代に川で遊んでいると何処からか「危ない」という声が聞こえてきて、そのお陰で事故にならずに済んだそうです。

 

木内さんはその「危ない」と言ってくれた人の正体を知りたくて、臨死体験中にその場面に行ってみたのですが、その「危ない」と言った人の正体は臨死体験中の自分自身だったそうです。

 

物凄い面白い体験ですよね!

 

彼は医師のカルテからも臨死体験していることは確かですし、この話が本当だとしたら時間というものは過去・現在・未来、全て同時に起こっているのかもしれません。

 

また、彼は行った時代の人の肉体に、いわゆる憑依のようなかたちで入りこむことができたそうです。

 

その時代の人の肉体を借りて、日本のある神社の柱や巻物に自分の名前の「鶴」という文字を残してみたそうです。

 

そして、死者蘇生をした後、それが実際にあるか確かめに行くと自分が残した文字が、本当にあったそうです。


その時、神主さんに事情を話すと「そうでしたか?これでようやく、謎が解けました。私たちもどうしてこの時代に突然、鶴という漢字がでてきたのか、ずっと、不思議に思っていたのです」と言われたらしいです。

 

死後のことはこの世の誰にも科学的には説明できないですが、こういう体験をした人のお話は興味深いですよね。

 

他にもたくさん木内さんの体験はあるのですが、また別の記事で書くことにします。

 

興味のあるかたは、本やYoutubeなどで調べてみてください。

 

まとめ

  • 過去の因果に支配されると、人生を棒に振る
  • 未来も過去も現在の解釈でしかない
  • 宇宙視点でみると時間というのは存在しない
  • 未来から過去に時間は流れている

 

二重スリット実験で人生が変わる!現実世界の認識

f:id:totallifesupport:20190820002934p:plain

 

最近何かと話題の二重スリット実験

 

 二重スリット実験とか量子力学と聞いて難しそう・なんのことか全くわからないと思う人も多いと思います。

 

私も最初はそうでした。

 

しかし、実際に内容を見てみると、誰でも概容は理解できて知ると人生が変わるような実験だったので、今回紹介したいと思います!!!

 

誰にでもわかるように二重スリット実験をまとめてみたので、よかったら最後まで見ていって下さい。

 

二重スリット実験とは?

量子力学の実験

二重スリット実験は、量子力学というこの世で1番細かい物質の理論についての実験です。量子力学1m定規を10000000000回切り刻んだくらいの世界を研究らしいです。

 

また、この実験は海外の権威のある物理雑誌で、最も美しい実験にも選ばれています。

 

なぜ二重スリット実験は近頃話題なのか

最近、二重スリット実験が話題の理由を自分なりに調べてみたのですが、どうやら引き寄せの法則と関係しているらしいです。

 

科学的な実験なのに引き寄せの法則?と思った方も多いと思いますが、実際に実験結果の仕組みはまだ誰にもわからないくらい不思議な結果なのです。

 

その不思議さから話題になっています。

実験を知ると何の役に立つのか

この実験を知ると、今まで常識だと思っていた世界の仕組みが変わってしまいます。

私自身、この実験を知った後、私たちが暮らすこの宇宙の可能性が感じられて日頃の物事の捉え方がかなり変わりました。

 

 

 

実験の説明

物質(分子・原子)の場合

まず、下記のイラストのような2つの穴が空いたスリットに、奥に接着剤がついた壁を置いて、エアガンでBB弾を撃つとどうなるでしょうか?

f:id:totallifesupport:20190819205408p:plain

もちろん結果はこのような2つのスリットと同じような形になりますよね。

f:id:totallifesupport:20190819210920p:plain

 

波の場合

次に、波や光で同じことをするとどうなるでしょうか?

今度は、下記のイラストのように光を二重スリットに向けて放って、後ろのスクリーンはどうなるか見てみます。

f:id:totallifesupport:20190819211800p:plain

光や波の場合、結果は下のように干渉縞になりました。

f:id:totallifesupport:20190819223652p:plain

なぜ光や波の場合、干渉縞を観測するのでしょうか?

 

理由は上の画像のように波や光はお互いにぶつかり合って干渉するからです。

要するに、波や光は物質と違って、くっついたり離れたり自由にできるわけです。

BB弾は離れたりくっついたりできないので、スリットと同じ形になりました。

 

 

量子の場合

ここからが今回の実験の本題となります。今の実験を、とても小さな物質の量子1メートルの10億分の1)で同じことをやってみたいと思います。

f:id:totallifesupport:20190819231416p:plain

量子銃で量子をスリットに向けて撃つとどうなるでしょうか?

 

結果は波と光と同じように干渉縞を観測しました。

f:id:totallifesupport:20190819232850p:plain

なぜ物質を量子銃で撃っているのにこのようなことが起こりえるのでしょうか?

 

一般的な常識から考えると、BB弾と同じ物質なわけですから、光や波と同じような結果になるわけがありません。

 

物質なのにこのような結果になったということは、量子銃から発射された小さな量子は2つのスリットを同時に通ってる可能性があるということです。

そうなんですもうわけがわからないのです。

量子というのはこの世の最小の単位なので、我々や世界に存在するものは全て量子から成り立っています。

その量子が光や波と同じ振る舞いをしたというなんとも奇妙な結果なのです。

 

しかし、実験はこれだけでは終わりません

頭のいいあなたなら気がついたかもしれませんが、「じゃあどっちのスリットを通ったか、スリットの前にカメラや観測機を置いて見ればいいじゃないか」と思った方もいると思います。

 

ということで実際にスリットの前に観測機を置いて同じ実験をしてみましょう。

f:id:totallifesupport:20190819234852p:plain

観測機を置くと結果は、下のように最初に行なったBB弾と同じになりました。

f:id:totallifesupport:20190819235420p:plain

観測をされると普通の物質と同じ動きに変わったのでした。

なんとも奇妙で面白い結果ですよね。 

観測機を置くことが量子に影響を与えていると思う人もいると思いますが、観測機を置いたままスイッチをOFFにすると、干渉縞になるので観測という行為が量子に影響を与えるのは間違えないようです。

 

実験結果

結果のまとめ

この二重スリットと実験からわかった結果は

  • 観測前の量子は、光や波と同じ性質を持っている(干渉縞)。
  • 量子の動きを観測すると、粒(物質)になる。
  • 観測の有無によってこの世を構成している量子は形を変える

ということがわかりました。

しかし、まだなぜこのようなことが起こっているのかは現状では誰もわかっていません。

わかりやすい動画

もっと二重スリット実験を理解してもらうために、わかりやすく説明してくれてる動画を貼っておくので、興味がある方は観てみてください。


2重スリットの実験

 

 

よくある誤解

二重スリット実験にはみんなが勘違いしてしまうような誤解があるそうなので紹介しておきます。

観測が意識によって起こっていると解釈するのはまだ早い?

実験から我々の意識によって量子は変化していると完全に思い込んでる人もいますが、それは完全には言い切れないです。

 

何故なら、実験内での観測機の観測方法は、観測したい量子を、別の量子と相互作用させて、場所を特定しているからです。

 

この相互作用を量子デコヒーレンスと呼びます。

 

よってこの量子デコヒーレンスを考慮しなければならないのです。

 

要するに、実験のデータを私たちが見ようが見まいが、この作用によって二重スリット実験は成り立つわけです。

 

まだ量子力学を研究してる人たちも完全にこの現象を説明できないので、これから先色々なことがわかってくるでしょう。

 

量子の正体とは一体なんなのでしょうか? 

 

 

 

興味深い応用実験

二重スリット実験の応用で面白い実験があるので追加で紹介します。

 

Institute of Noetic Sciences(米国ノエティック科学研究所)で主任研究員をしている、

ディーン・レイディン博士が実際に行った実験です。

 

実験内容は、量子を二重スリットに向かって発射している時に、片方のスリットを通るように意識的に念じるというものです。

 

実験結果は、念じた時は念じていない時と比べて明らかに偏っているという結果でした。

 

また、博士は同じ実験を250人にやってもらったところ、やはり念じると偏ることがわかったそうです。

 

我々の意識は果たして量子を変えてしまう力があるのでしょうか?

 

ここらへんの情報が科学的に更に解明されていけば、引き寄せの法則などが科学で証明される未来も近いのかもしれません。

 

 

実験結果から考えられる可能性

私たちはこの世界を自分の五感で捉えています。

 

実験から、観測前の量子は波ということがわかりました。

 

ということは、自分の部屋にある物、自分の体など全てが量子から成り立っているので、それが観測前は波や光と同じだったというのは本当に興味深いです。

 

一体私たちが暮らしているこの世界とはなんなのでしょうか?